弐瓶勉『バイオメガ』を紹介させていただきました。

初めから終わりまで「カッコいい」で埋め尽くされている上、6巻で完結する手軽さ、それに反比例する作中での時の流れ。バイオメガはいいぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です