今回も弐瓶勉先生の作品から『アバラ』をご紹介いたします。

新装版につけられていた「漆黒の黙示録」という帯、たいへんかっこよき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です